ビタフルは安心?安全?成分を調べてみた!

世界的にナチュラル志向やヘルシー志向がトレンドとなり、喫煙率が年々低下すると共に電子タバコの愛好家は増加する傾向にあります。

一口に電子タバコと言っても電子タバコは「加熱式タバコ」と呼ばれるタイプと「Vape(ベイプ)」と要ばれるタイプの2つに大きく分けられます。

ビタフルはVapeにカテゴライズされる電子タバコですが、「フレーバーリキッドにビタミンが配合されている」という点で大きな注目を集めています。ビタフルの安全性や成分について紹介します。

ビタフルに有害物質は含まれていない?

タバコ葉を電子的に加熱してニコチンやタバコ葉の風味を楽しむのが加熱式タバコですが、タバコ葉を加熱する際にタールが発生するのも事実です。

Vapeの1種であるビタフルはフレーバーリキッドを電気的に加熱して、発生するフレーバーミストと要ばれる水蒸気の香りを楽しむものです。

国外ではニコチンを配合したフレーバーリキッドが存在するので、Vapeも電子タバコとして扱われていますが国内ではニコチンを配合したフレーバーリキッドの販売や使用が禁止されているので、ビタフルのフレーバーリキッドにもニコチンは配合されていません。

またフレーバーリキッドを加熱して水蒸気を発生させるだけですから、当然ビタフルを使用することでタールが発生することはありません。

有害物質として知られるニコチンとは?


ニコチンは主にタバコ葉に含まれる成分で、タバコ葉を加熱することで揮発しタバコを吸引することで体内に取り込まれます。

体内に取り込まれたニコチンは血管を収縮し一時的に血圧を高める効果があると考えられていますが、中毒性をもつことからニコチン中毒に陥ると定期的なニコチン摂取を体が必要とする依存症状が現れます。

またニコチンは毒性が強い物質であることでも知られていて、人間の致死量は6mg/kgであると考えられています。

これは体重50㎏の人であれば0.3gの量が致死量となるため、相当毒性の強い有毒物質として扱われるのものだと言えるでしょう。

有毒物質として知られるタールとは?


ニコチン同様にタバコから排出される有害物質として知られるのがタールです。

タールは有機物が熱分解される際に発生する粘り気のある液体で、タバコの場合はタバコ葉が加熱されることによって発生します。

喫煙者の歯が変色するのもタールの影響で、喫煙によって肺がタール汚染されることで肺がんに代表される呼吸器系疾患の原因となる可能性が高くなることや、喫煙を行った室内に匂いが残るという現象もタールが原因だと考えられています。

ビタフルの成分は安全?


ビタフルのフレーバーリキッドには6種類のビタミンの他、コラーゲン・コエンザイムQ10
・ℓ-メントール・8-シネオール・カテキン・プラセンタ・ヒアルロン酸・コンドロイチン・セラミド2・乳酸菌などの成分が配合されています。

上記の成分は美肌効果や健康維持の目的で使用される健康補助鵜食品(サプリメント)の原料として配合されることが多い成分であることに気付かれた人もいるでしょう。

ニコチンやタールなどの有害物質を排除した上で、サプリメントにも使用される有効成分を配合しているのがビタフルの最大の特徴であり、多くのユーザーから支持されている理由でもあると言えます。

ビタフルを使用することでリラクゼーション効果を得ながら、全16種類もの体にとって有効に働くことが期待されている有効成分を吸引できるのは、ビタフルだけだと言えるでしょう。

ビタフルが安全な理由


既に紹介したとおりビタフルはフレーバーリキッドを電子的に加熱して発生するフレーバーミストの香りを楽しむVapeの1種ですから、安全に気分をリラックスしながらリフレッシュを行えるアイテムです。

現在ビタフルは電子タバコと呼ばれていますが、タバコ葉を使用せずニコチンも配合されていない事実からビタフルを電子タバコとして扱うのは適当ではないかもしれません。

ビタフルは安全に健康的にリラクゼーション効果を得ることができる、まったく新しいアイテムだと考えるべきだと言えるでしょう。

ビタフルには有害物質は含まれていない


ビタフルはニコチンやタールと言った一般的なタバコから発生する有害物質を、徹底的に取り除いて開発されています。

ビタフルの商品開発基準の1つとしてニコチン・ジエチレングリコール・ヒ素・鉛・カドミウム・水銀などの有害物質含有検査という非常に厳しい検査が行われますが、ビタフルからは全ての項目に於いて「検出せず」という検査結果が出ています。

フレーバーリキッドを加熱して発生するフレーバーミストは水蒸気の一種ですから、当然その中にタールが含まれることもありません。

ビタフルからは副流煙も発生しない


ビタフルを使用すると非常に濃い煙が出るように見え、またビタフルユーザーの口や鼻から煙が出ることから「タバコ同様に副流煙の問題があるのでは?」と考える人もいるかもしれません。

しかしビタフルはら発生しているのはフレーバーリキッドを電気的に加熱したフレーバーミスト、つまり水蒸気ですから副流煙と呼ばれるものではありません。

仮にビタフルから出る水蒸気が副流煙だということで有れば、お湯を沸かした際に出る湯気の全てが副流煙の問題を抱えることになるといえますね。

ビタフルは国内製造の日本製だから安心!


ビタフル以外のVapeと呼ばれる電子タバコのフレーバーリキッドは、国外生産されたものが持ちこまれています。

多くのものは人件費などの製造コストを抑えることができる、発展途上国で製造されているケースが多いと言えるでしょう。

近年は製造管理の概念がある程度徹底され始めたと言うものの、またまた日本国内で行われる製造管理や製品管理の水準には及ばない状況です。

品質にこだわるビタフルは全て日本国内で製造される純日本産の製品なので、徹底された管理環境の中で生産されていることからも安全性が高い製品だと考えることができます。

まとめ


タバコの喫煙率が低下する中で電子タバコの愛好家は増加する傾向にあります。
その中でもビタフルは豊富なカラーバリエーションやフレーバーの種類、高いデザイン性が評価され女性の愛好家が急増している電子タバコです。
嬉しいことにビタフルは高いレベルのコスパも実現していることから、電子タバコに興味がある人にとってはおすすめのアイテムだと言えるでしょう。